食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品 2015年6月号

総合食品 2015年6月号

「クローズアップ」
加熱する西日本の流通再編
▼イズミ、フジ、丸久を核に地元中堅スーパーとのM&A相次ぐ
▼大手セブン&アイも天満屋ストアに続き万代と提携
サントリーがJT自販機事業と飲料と2ブランドを1500億円で買収
上賀茂神社式年遷宮に特別協賛、「神山湧水珈琲」で“水”文化を伝える


「レーダー」
★アサヒ・キリン・サッポロ3社が東京都内mp小型車配送で共同配送を実施★全国餅工業協同組合が組合事務所を新潟に移転し業務を7月からスタート★AGFが7月1日付で組織を改変し海外事業部を新設★昭和産業が家庭用小麦粉・小麦粉製品
価格改定を7月1日から実施★昭和産業が業務用プレミックス、パスタ製品を7月1日出荷分から価格改定★国分が酒類総合展示・唎酒会を参加メーカー231社で開催★キユーピーが外装フィルムの賞味期限の文字を消えない・読みやすい文字に改良★キユーピーとJA全農の合弁企業グリーンメッセージが業務用サラダの製造販売を開始★8月8日は「チャーハンの日」と日本記念日協会が認定★「AGFコーヒーギフト」が「コーヒーギフト育成賞」を受賞★サントリービールの「ザ・プレミアム・モルツ」がプレミアムギフト賞を受賞★国際料理会議でハナマルキの「液体塩こうじ」のプレゼンテーションを実施


「ギフト特集」
プレミアムギフトが市場を変える?!
多様なパーソナルニーズに対応
限定感・特別感で訴求するギフトメーカー
●特別感のあるギフトの提案でギフトニーズの変化をとらえる
●儀礼からパーソナル重視へと変化したギフトの需要動機
●食品を含めたギフト市場を開拓で1000億円を目指す伊藤忠食品 
●好調ボスコの品揃え拡充して高い販売目標を掲げる日清オイリオ
●バラエティ調味料ギフトを充実、人気のオリーブオイルも多用する味の素
●食用油とパスタセットの2本柱でギフト中核世代を取り込む昭和産業
●マスターズドリーム、中元限定商品で前年比109%目標のサントリー
●3つのS(質・旬・鮮)をテーマに14ライン25品種をラインナップのAGF 
●市場トレンドの変化に積極対応しプレミアム野菜生活ギフトを発売したカゴメ
●アロマキープ製法を導入しリキッドコーヒーギフトを刷新したネスレ日本
●カルピスギフトに〈メロンリッチ〉加えて特別なおいしさを訴求するカルピス
●夏向きの冷製汁物アソートの日本橋だし場汁物ギフト」投入のにんべん
●差別化商品のフレーバーのりのアソートギフトが好評を得た白子 
●久路保山荘からのメッセージ発信で乾めんの価値を訴求する星野物産
●ギフト限定醸造商品を含む全74アイテム投入のアサヒビール
●「一番搾りプレミアム」で特別感・限定感を訴求するキリンビール
●青のヱビス「ロイヤルセレクション」でギフトを拡充したサッポロビール
●こだわりの生活シーンを提案するコーヒーギフト24品を発売のUCC

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次

バックナンバー