食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品 2016年5月号

総合食品 2016年5月号

「クローズアップ」
価格競争力で客層の拡大=客数増に手応え
生鮮でインストア加工シフトを加速
4年ぶりに拡大路線に転じた天満屋ストア
㈱天満屋ストア 取締役執行役員営業本部長兼商品第三部長 森下 和幸


●昨年から消費動向に変化、ハレの日・歳時の需要が上向く
●主力商品の価格対応を強化して競争力を持たせ客層を広げる
●インストア加工にシフトし鮮度と価格で競争力強化へ
●食品中心で戦えるSMを軸にグループ力を強化する
●インストア加工を支える技術力持つ人材育成を強化
●1年後にレジシステムを変更、全店でnanacoカード使用に
●1台日販8万円ほどで推移、採算点上回る売り上げ達成
「天満屋ハピータウンリブ総社店」大型改装第2弾
SMゾーンを刷新して生鮮・惣菜を強化
増加する30歳代ファミリー層の取り込み図る
●岡山市のベッドタウン、30代ファミリー増加の好立地
●1階SMゾーンを刷新し「天満屋総社ショップ」を導入
●水産・惣菜売り場を強化して惣菜は3倍増の3尺34本へ
●地元岡山の産品を充実させてPOP「地元岡山」で訴求


「乾麺特集」
ゼロサム乾めん市場を見据え
早期の仕掛けでスタートダッシュ
本格シーズンを迎えた乾めん業界
●伸び悩みの背景にある乾めん市場の環境変化
●業界の活性化に向け全国そうめんサミット開催
●「揖保乃糸」CMに文化人起用しブランド強化を進める手延素麺組合
●こだわり乾めんを共同企画、NB3品を先行発売の日本アクセス
●首都圏30万枚チラシ配布を継続し「手振りうどん」強化続く星野物産
●キャラクター商品を増強、乾めん輸出に注力するカネス製麺
●「熟成極み」に250gライン追加しユーザー層の拡大狙う日清フーズ
●こだわり乾めんの提案を強化、前年実績を上回った日本製粉
●「ベビーそうめん」がヒット、計画比2・5倍を達成のはくばく
●乾めんラインナップを見直し「そうらーめん」に集中する永谷園

「つゆ特集}
消費者ニーズの変化をとらえた
個食対応つゆやこだわり品が上昇
市場の成長領域に注力するつゆメーカー
●濃縮汎用つゆの成長鈍り価格競争に厭戦気分強まる?!
●消費者ニーズの変化とらえた付加価値型のつゆの成長続く
●「ゴールドシリーズ」2桁増と続伸、わけあり商品の育成続けるにんべん
●「ごまだれ専科」「ざるそば専科」の続伸でシーズン好スタート切ったヤマサ
●メーンブランド「本つゆ」を全面刷新し「濃いだしほんつゆ」投入のキッコーマン
●「鰹節屋のだし」が好スタート、シリーズ全体40%増を達成のヤマキ
●「金色昆布つゆ」「まぜつゆ」などサブブランド育成に注力のMizkan
●「ぶっかけうどんつゆ」を拡充し「だし旨キムチ」発売のヒガシマル醤油

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次

バックナンバー