食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品2019年3月号

総合食品 2019年3月号

「グラビア」
食品業界の春の祭典「FOOD TABLE in JAPAN 2019」開催
転換期の小売業界に未来を提案
大手卸売業も積極的に企業価値をアピール


「家庭用食用油特集」
力強い成長見せる家庭用食用油市場
今期市場規模1400億円到達の勢い
オリーブオイルはトップカテゴリーの座に向けさらに躍進
●こめ油は前年比22%増で推移。家庭用紫綬に完全に定着する
●ごま油の生食利用が定着しマーケット拡大へ
●かけるオイルでさらに市場拡大、汎用油の2割を占める日清オイリオ
●新商品「から揚げの日の油」が発売前から大きな注目を集めるJ‐オイルミルズ
●日本市場での「アマニ油」本格普及をリードする日本製粉
●オリーブオイル前年比2・5倍、「和食に合う」新商品で裾野を広げる昭和産業


「クローズアップ」
■上場スーパー第3四半期決算一覧
大手チェーン、首都圏スーパーが順調
限界商圏内の競合激化で苦戦強いられる地域スーパーも
●GMSのテコ入れが効果、イオン・セブン&アイは増収
●青果相場の乱高下など気候要因が業績に影響
●年末、年始の商戦は低調、目標達成は微妙な情勢に
●業界をリードする主要企業の第3四半期業績の概要


「決算レポート」
●サントリーホールディングス
コストと販管費増で飲料・食品で営業利益は前年割れ
●キリンホールディングス
日本綜合飲料事業のリードでグループ収益基盤の強化進む
●アサヒホールディングス
「『稼ぐ力』の強化」の推進により利益2桁を達成
●サッポロホールディングス
 国内酒類、飲料分野での苦戦もあり減収減益で着地

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次