食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品 2013年11月号

総合食品 2013年11月号

<目次紹介>

「歳暮ギフト特集」 商品政策、営業政策の見直しへ
●猛暑だけでない中元商戦の総括、選択順位の変化で前年割れに
●実用的価値の変化で商品も変化転換点に立つギフト政策
●「BOSCO」強化で新しい価値を訴求する日清オイリオグループ
●限定品で食用油、食品ギフトを強化歳暮期5%増図る味の素
●通年化、若年対応を踏まえ、前年超えを狙う昭和産業
●個食のスティックとドリップで次世代対応高価を発揮するAGF
●歳暮期限定商品を投入しラインアップを強化するサントリー
●歳暮期限定セットを加え19アイテム揃えるサッポロビール
●ライフスタイルにマッチした新感覚ギフトを強化する白子
●「香り咲く」をテーマにレギュラーソリュブルコーヒーギフト中心に展開ネスレ日本
●カルピスギフトとウエルチブランドで、前年比102%目指すカルピス
●ギフト専用“特別限定醸造”「プレミアムセット」で販売拡大を狙うアサヒビール
●「スタウト」や限定品「とれたてホップ生ビール」など20種類を揃えたキリンビール

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次

バックナンバー