食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品2019年6月号

総合食品 2019年6月号

「グラビア」
第3回「The 乾めんグランプリ」を開催
駒沢オリンピック公園に家族連れなど1万人が集い
晴れた青空の下で乾めんを楽しむ


「ギフト特集」
シーズンギフトを核に領域を拡大
“コト”ギフトへも挑戦を開始
変化続ける日本の贈答文化
●送りやすいチケット型で「コト・モノ」ギフトの販売を開始した伊藤忠食品
●ギフト市場の開拓に注力、“コト”ギフトの挑戦を開始した国分グループ本社
●「ブレンディ」のポーションアソートタイプギフトを新発売した味の素AGF
●5種のスムージーをアソート「野菜生活100Smootieギフト」発売のカゴメ
●冷凍惣菜ギフトの可能性を追求、「至福の一菜」シリーズに注力のにんべん
●あごだしブームの追い風に乗った「あごだし減塩のり」の拡大を狙う白子
●「有明の旬」「極」「和食満彩」、主力3シリーズ中心に臨むニコニコのり
●カジュアル感覚のプチ贅沢ギフト「OFT」シリーズを新規投入の大森屋
●品質重視のコーヒーギフトはじめ全15アイテムを発売のUCC上島珈琲
●オリーブオイルギフトに新商品。豊かな楽しみ方を提案する日清オイリオグループ
●おいしさと健康への願いを込めプレミアム感あるギフトを充実させる昭和産業
●デザイン刷新し、より高級感訴求、夏の限定ギフトにも注力のサントリービール
●昨年は前年比2割増の実績。ジャパンスペシャルに新商品投入のアサヒビール
●好調「一番搾りプレミアム」など、一番搾り製法楽しめるセット強化のキリンビール

「最新流通業決算 上場スーパー」
厳しい経営環境続く中、天候不順と自然災害が追い打ち
営業利益減が28社中6割弱におよぶ
●上場28社の4割強が減収、増収増益達成はわずか3社
●客数減少をカバーできず既存店5カ月連続減収
●イオン不振店の減損損失計上、ヨーカ堂全店、既存店とも減収

2019年上場スーパー2月期決算一覧


「最新食品メーカー決算」
増収は達成したが減益企業が上位50社の約半数に
食品メーカーに避けられない利益改善の取り組み

2019年食品メーカー3月期決算一覧

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次

バックナンバー