食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品2018年7月号

総合食品 2018年7月号

「グラビア」
■新業態“グローサラント”で注目を集める
阪急オアシス「キッチン&マーケット」
■味の素者のオープン&リンクイノベーションの推進拠点
 クライアント・イノベーションセンターが開所

「国分の海外戦略」
中国に8社20拠点、アセアン5拠点を配備
中国・アセアンエリアで中間流通のプラットホームの骨格整う
国分グループ本社㈱ 執行役員海外統括部長兼中国事業部長兼中国総代表 荻野 司
●経済拡大と近代化が進行するベトナム市場に2拠点を配備
●マレーシアの中間流通機能はフォーカル社を中心に構築
●三通国分からスタートし中国全土に卸機能を拡げる
●4商圏に20拠点を配備、中国全土への物流体制整う
●外食チェーンに強い上海峰二食品軸に華東エリアに販売網を構築、
●7ヶ所の営業拠点を全国に配し、SM一千店舗カバーする深圳一番食品
●国分が物流支援と営業を担当、給食事業に注力する上海悦思意食品
●和食の未開拓エリアを開拓、生鮮品の輸出にもチャレンジ


「クローズアップ」
“買う・食べる・集まる”すべての食シーンを融合した新業態
「キッチン&マーケット ルクア大阪店」
オープンから計画上回る売上げで推移
●新しい食の楽しみ方を7つのエリアで提案
●注目の“グローサラント”で一歩抜きんでた取り組み
●新業態のエッセンスを新店、既存大型店へ導入


「新年度事業計画」
■味の素AGF
鈴鹿工場に革新的ラインを導入、スティックコーヒーの2桁成長目指す
■日本アクセス
 “BtoC”の流通領域に挑戦、“守りと攻め”の第七次中計スタートB


「決算ファイル」
■味の素
売上高1兆502億円(前年比105・22%)と大幅増収
■日清オイリオ
付加価値品の拡販や新規取引拡大で売上高前年比104%の増収
■J‐オイルミルズ
オリーブオイルが前年同期上回るなど高付加価値品へのシフト進む
■昭和産業
アジアでの事業展開など事業領域拡大、提案型営業強化で業務用小麦粉同州
■永谷園ホールディングス
売上高、営業利益が2桁増を達成、来期売上げ目標は1060億円に
■ミツカングループ
食酢・ぽん酢・鍋つゆが過去最高売上を達成、グループ基盤支える事業に成長

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次