食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品 2017年4月号

総合食品 2017年4月号

「トピック」
■昭和産業が長期ビジョン「SHOWA NextStage for 2025」発表
穀物取扱量日本一企業として培ってきた経営資産を結集
「プラットフォーム再構築」
「ステークホルダーエンゲージメントの強化」を実施
連結売上高4000億円、経常200億円目指す
■「バリューアップ」テーマに
 日清オイリオ春のプレゼンテーション開催

「決算」
■加食、低温がリードし売上高11%増達成(16年度決算)の国分グループ本社


「クローズアップ」
全方位の消費者対応を深化しデリカ、青果を核に生鮮強化
ニーズを見据えて商品力を高める
   ㈱フジ常務取締役常務執行役員 商品事業本部長兼食品事業統括部長 森田英樹  
●自分のスタンスで判断し、最適品をお買得時に購入
●提案メニューの商品化で「食事」そのものの販売へ


こだわりの和惣菜でファンを形成、太巻きや唐揚げなどが育つ
拡大続くフジの惣菜をバックアップ
機器導入とアイテム絞り込みで生産性を高める
㈱フジデリカ・クオリティ 専務取締役営業担当 高橋伸二郎 
●惣菜の売上構成比が6年間で1・9ポイント上昇
●自社製造の太巻き寿司「十品目のおばあちゃん巻」ヒット
●大型サイズ惣菜の増加で和惣菜スペースの確保に苦心
●伝統の和惣菜を育て続けて惣菜ファンの期待に応える
●作業の機械化に加え欠かせぬアイテム絞り込み


旗艦店「フジグラン松山」ルポ
グランドオープンに合わせ総菜売場をリニューアル
●品揃えの充実と買い回りのしやすさを実現
●惣菜売上高は前年比7%増と好スタートを切る
●大勢でも買い回りしやすい総菜売場に再編
●尺数は40尺増の443尺とし、より品揃えの充実を図る
●尺数増やしスペース確保で和総菜の品揃えを適正化


「飲料特集」
機能性表示制度が野菜飲料に追い風
ミネラルウォーターの勢いも衰えず
力強い成長続く飲料市場
●販売チャネル超えて成長するミネラルウォーター市場
●機能性表示「トマトジュース」が健康飲料市場にインパクト
●4億3300万ケース目標にブランド強化進めるサントリー 
●"利益ある成長"目標に手応え、初年度9%増のキリンビバレッジ
●若者向けコミュニケーションで「ポカリスエット」8%増の大塚製薬
●「霧の紅茶 紅茶の時間」発売、930mlPET強化のUCC
●「野菜生活100」の新ライン「Smoothie」に注力するカゴメ
●日本茶・健康茶がリード、増収・増益ペースを加速する伊藤園
●「加賀棒ほうじ茶」に勢い、茶系16%増のポッカサッポロF&B

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次

バックナンバー