食品業界の総合的なデータを統括し分析。また、メーカー・関連会社へ向けたマーケティング情報をお送りしています。

総合食品2018年4月号

総合食品 2018年4月号

「グラビア」
■日清オイリオ「春のプレゼンテーション」で市場活性化に向けて多彩な提案
■味の素AGF上賀茂神社式年遷宮文化事業サポートで松本幸四郎記念奉納舞台を開催


「飲料特集」
4兆円清涼飲料業界の展望
流通インフラの変化の中消費トレンドも変化
新市場の掘り起こしに活路を求める飲料メーカー
●飲料市場を底上げするミネラルウォーターの成長
●競合が強まる市場の中でブランド領域を拡大する
●基盤ブランド体系の構築推進で2億3370万ケース目指すキリンビバレッジ
●国内でメガブランドの強化を継続するサントリー食品インターナショナル
●青汁飲料カテゴリーシェアトップ「毎日一杯の青汁」の強化を加速する伊藤園
●UCC群馬工場の本稼働で小型PETコーヒー飲料に注力するUCC上島珈琲
●供給体制の強化で「野菜生活100スムージー」の勢いを加速するカゴメ
●ブランドマーケティングの展開で「ポカリスエット」の支持層を広げる大塚製薬
●中国で「クリスタルガイザー」販売、海外市場の開拓に乗り出した大塚食品
●男性向けの新感覚デザート飲料「JELEETS」発売のポッカサッポロF&B
●重点6ブランド中心に2億6350万ケース達成のアサヒ飲料


「冷凍食品特集」
2018年家庭用冷凍食品
高価格帯ゾーンの家庭用冷凍商品の育成機運高まる
トレンドの「家飲み」用おつまみでヒット商品の予感
●「青の洞窟」ブランドから生パスタシリーズを発売した日清フーズ
●圧倒的な具材感で差別化した「具の衝撃」シリーズ投入のオーマイ
●「夜九時のひとり呑み」でクリーンヒットを放った味の素冷凍食品
●エコラベルMSC認証を取得したフィッシュフライを発売した日本水産
●「汁なし麺」の拡充・提案で冷凍めん売上№1アピールの日清食品冷凍
●力強いカテゴリー政策で米飯、チキン、弁当に注力のニチレイフーズ
●トレー入り具付き麺、肉めしなど“強いものをより強く”するテーブルマーク

「総合食品」

定価 1,620円(本体 1,500円+送料100円)/1冊
年間購読 19,440円(送料込)

購入 申し込み


目次